選択された部分を音声で聴くにはJavaScriptが必要です
富士火災ホーム > ニュースリリース、お知らせ > 富士火災からのお知らせ
富士火災からのお知らせ
リードスピーカーのご利用方法とご注意
自然災害や地震を補償する保険の保険金請求申請代行業者について
2013年3月15日
「保険金が使える」という住宅修理サービスでのトラブルにご注意ください。

 「自宅に訪問してきた事業者から『台風で破損した屋根を保険金の範囲内で修理しないか。契約している損害保険会社への申請は当社が代行する』と勧誘された。信用できるか」などの相談が、全国の消費生活センターや国民生活センターへ多く寄せられているとの報道がなされています。
 これらの申請代行業者との間では、「契約時に契約書面に署名したが、控えをもらえなかった」、「解約すると言ったら、解約料として保険金の50%を請求された」、「代金として保険金全額を前払いしたのに着工されない」などのトラブルも発生しているようです。
 当社にも類似のお問い合わせが寄せられていますが、このような損害保険の申請代行業者は、当社および当社グループとは一切関係ありません。
 このような事例は、特に台風・雪害・地震等の自然災害発生後に頻発する可能性があります。
 火災保険や地震保険などにご契約されている方で、損害を被った場合は、まず、お客さまご自身で当社または当社代理店にご連絡いただき、保険金の請求手続きを行ってください。
関連ページ: 「日本損害保険協会ホームページ」住宅の修理に関するトラブルにご注意
http://www.sonpo.or.jp/news/caution/syuri.html
関連ページ: 「独立行政法人国民生活センター」 報道発表資料「保険金が使える」という住宅修理サービスの相談が増加!
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20121206_1.pdf
戻る