富士火災ホーム > 会社情報 > 社会貢献活動
社会貢献活動
当社は「活力ある地域社会の実現への挑戦」を企業理念として掲げています。
その実現を目指し、福祉・環境・文化・芸術・教育など幅広い分野において、草の根の社会貢献活動を推進しています。
「佐渡 裕(さど ゆたか)とスーパーキッズ・オーケストラ」の支援
「地域社会への貢献」と「音楽を通じて子どもたちの未来を育むこと」を目的として、「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ(以下、SKO)」を応援しています。
SKOは、日本を代表する指揮者、佐渡裕氏が熱意と愛情を持って育て上げる小学生から高校生までで構成される弦楽合奏団で、2013年、その活動開始から10周年を迎えました。
毎年1月に、子どもも楽しめるコンサートとして『佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ ニューイヤー・ミニコンサート』を開催しています。
アマチュアスポーツへの協賛
「明るい地域社会創り」を目的として、「全日本マスターズ陸上競技選手権大会」を応援しています。
マスターズ陸上は、男性は35歳、女性は30歳から出場でき、5歳毎にクラス分けされた同年代の方たちが競技を行う生涯スポーツの祭典です。
2016年9月開催の第37回新潟大会にも、多くのアスリートが集い、日頃の練習の成果を競い合いました。
世界の子どもたちへポリオワクチンを寄付
医療総合保険『みんなの健保2』、引受基準緩和型契約特約付医療総合保険『持病のある方も入りやすい みんなの健保3』等の新規契約の販売件数に応じたポリオワクチン相当額を認定NPO法人「世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV※)」に寄付する「『みんなの健保』でみんなへワクチン」活動を展開しています。
今までの活動において、JCVを通じて約62万人分のポリオワクチン相当分を世界の子どもたちにお届けすることができました。

※ Japan Committee, Vaccines for the World's Children

Web約款のご選択件数に応じ、WWFジャパンへ寄付
Web約款を導入し、紙資源の節約に努めています。ご契約時にお客さまがWeb約款をご選択されますと、印刷物(冊子)の約款の送付を省略し、この省略により約款1冊でA4コピー用紙約40枚分の紙の消費が節減できます。
Web約款をご選択いただいた件数に応じた一定額を環境保全団体「公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)」へ寄付しています。
富士火災ふれ愛倶楽部
「富士火災で働く役職員が継続的かつ無理なくボランティア活動に参加し、その意志を具体的な形にする社会貢献」を目的として、富士火災ふれ愛倶楽部は1993年に発足しました。発足以来、任意加入の役職員を会員とし、その拠出金をもとに、高齢者や身体障がい者への介護活動や環境問題、また震災復興に取り組む団体を支援しています。
セレッソ大阪のパートナーカンパニー
“スポーツ文化の振興”と“地域社会活性化への貢献”を目的に、セレッソ大阪をパートナーカンパニーとしてJリーグ発足以来応援しています。

ページTOP