富士火災ホーム > 会社情報 > 社会貢献活動 > 佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ
「佐渡 裕(さど ゆたか)とスーパーキッズ・オーケストラ」の支援
2008年より「地域社会への貢献」と「音楽を通じて子どもたちの未来を育むこと」を目的として、「佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ(以下、SKO)」を応援しています。
SKOは、日本を代表する指揮者、佐渡裕氏が熱意と愛情を持って育て上げる小学生から高校生までで構成される弦楽合奏団です。
当社は8月に兵庫で行う演奏会に協賛しており、メンバーはこの演奏会に向けて、週末ごとのリハーサルや、夏合宿で技術を磨きながら切磋琢磨し、オーケストラでの音楽作りを通じて大きな成長を遂げています。これまでに約100名の子どもたちが参加し、卒業していきました。国内外のコンクールで優秀な成績をおさめ、演奏家の道を志して海外の名門音楽大学に留学するメンバーも少なくありません。
東日本大震災以降は、毎夏佐渡裕氏と被災地を訪問し、音楽を通じた支援活動を行ってきており、2012年3月にはパリのユネスコ本部にて、世界から東北に寄せられた支援に感謝する演奏会に出席しました。
また、2014年3月には、結成10周年を記念する全国公演も行われました。
毎年1月には、子どもも楽しめるコンサートとして 「スーパーキッズ・オーケストラ ニューイヤー・ミニコンサート」を開催しています。
佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ

ニューイヤー・ミニコンサート


佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ

佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ (撮影:北田研索)

佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ

(撮影:北田研索)


佐渡裕とスーパーキッズ・オーケストラ

10周年記念特別コンサート (撮影:Jun Yoshimura)

ページTOP