ホーム >個人のお客さま >住まいの保険 >地震保険

地震保険

地震保険は必要保険です。 地震保険は、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没・流失による損害を補償します。

特長

火災保険では、地震・噴火・津波による火災損害は補償されません!地震保険のご加入をおすすめします。

特長1

居住用建物(住居のみに使用される建物および併用住宅)またはその建物に収容されている家財を対象に、地震・噴火・津波を原因とする火災損害等を補償します。

特長2

「地震保険に関する法律」に基づいて、政府と民間の損害保険会社が共同で運営している公共性の高い制度です。 また 地震災害による被災者の生活の安定に寄与することを目的としています。

* 地震保険は、民間の損害保険会社が契約募集・損害発生時における状況の確認や保険金の支払いなどの業務を行いますが、大地震発生時には巨額の保険金を支払う必要があるため、保険金の支払責任は政府と民間で負担しています。

詳しい商品内容につきましては、電子パンフレットをご覧ください。

  • 電子パンフレット地震保険
  • パンフレットのご請求はこちらから
    資料請求
  • Web約款はこちらから
    Web約款

※当該ファイルを閲覧するにはAcrobat Readerが必要となります。

このページの先頭へ

補償内容

地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災、損壊、埋没、流失によって保険の対象である建物または家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

①地震で火災が発生し建物が焼けた

②地震で建物が倒壊した

③地震による津波で建物が流された

以下のような場合は保険金をお支払いできません。

(1) 地震等が発生した日の翌日から起算して10日を経過した後に生じた損害

(2) 地震等の際における保険の対象の紛失または盗難によって生じた損害

(3) 保険契約者または被保険者(保険の補償を受けられる方)の故意もしくは重大な過失または法令違反によって生じた損害

(4) 戦争、内乱などによって生じた損害

など

建物・家財に「全損」、「半損」、「一部損」の損害が生じたときに保険金をお支払いします。

※お支払いする保険金は、1回の地震等による損害保険会社全社の支払保険金総額が7兆円(2014年4月現在)を超える場合、算出された支払保険金総額に対する7兆円の割合によって削減される場合があります。

このページの先頭へ

ご加入にあたって

地震保険は単独ではご契約できません。
住まいの火災保険にセットしてご契約ください。
なお、保険期間(ご契約期間)の中途でも地震保険をご契約することができます。

火災保険 + 地震保険

保険の対象

居住用建物

(住居のみに使用される建物および併用住宅)

家財

(自動車や1個または1組の価額が30万円を超える貴金属等を除きます。)

*店舗や事務所のみに使用されている建物、およびその建物に収容されている営業用什器・備品や商品などの動産は保険の対象になりません。

保険金額(ご契約金額)

建物・家財ごとに火災保険の保険金額の30%〜50%の範囲内で設定してください。

ただし、建物は5,000万円(共同住宅の場合は、戸室数×5,000万円)、家財は1,000万円が限度となります。

地震保険の保険料

保険料は、所在地(都道府県)と建物構造により異なります。

割引制度

地震保険には住宅の免震・耐震性能に応じた保険料の割引制度があります。

割引の適用を受けるためには、所定の確認資料の提出が必要です。
なお、本割引は確認資料をご提出いただいた日以降の保険期間について適用されます。
確認資料の詳細は上記パンフレットをご確認ください。

地震保険料控除制度について

地震保険料控除制度によって、地震保険料は所得控除の対象となります。

控除限度額は、所得税50,000円・個人住民税25,000円となります。

このページの先頭へ

重要なお知らせ

地震保険の保険始期が2010年1月1日以降のご契約(*1)に適用します地震保険普通保険約款について、保険法(平成20年法律第56号)の内容を反映(*2)させるとともに、お客さまにとって「分かりやすい商品」「読みやすい約款」の観点から、平易化および用語の見直しを行いました。
なお、この見直しによる、地震保険の保険金をお支払する場合や保険金の支払額等の補償内容についての変更はございません。
改定後の約款につきましては、こちらよりご確認いただけます。

(*1)長期の火災保険の満了日まであわせてご加入いただいている地震保険が2010年1月1日以降に自動的に継続されるご契約や、現在ご加入いただいてる火災保険に2010年1月1以降、中途でご加入いただく地震保険契約を含みます。

(*2)主に保険契約者の保護の観点から改定しています。なお、保険金支払時期(保険給付の履行期)等一部の取扱いにつきましては、地震保険の保険始期が2009年12月31日以前のご契約に対しても遡及して適用いたします。保険法改正の概要につきましては、(社)日本損害保険協会のホームページをご覧ください。

このページの先頭へ

ご注意事項

上記は「地震保険」の概要を記載したものです。
ご契約に際しては、保険商品についての重要な情報を記載した重要事項説明書(「契約概要のご説明」「注意喚起情報のご説明」)をご用意していますので、必ずお読みください。

このページの先頭へ

他にもこんな保険があります

  • 未来住まいる
  • ライフパートナーα

【14D516S】

よくあるご質問

資料請求

代理店検索

ページTOP