ホーム >個人のお客さま >けがの保険 >今年の夏から実践しよう!熱中症予防策
富士火災のコラム TOPへ  

今年の夏から実践しよう!熱中症予防策

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年8月1日 更新

今年の夏から実践しよう!熱中症予防策

暑い季節になると起こりがちなのが熱中症。いつも元気な人でも、屋外にいるときはもちろん、自宅など屋内にいるときにも発症することがあり、これからの時期は誰もが気をつけたいものです。そこで、熱中症の注意点や予防策などをご紹介します。

熱中症は死にもつながる危険がある

熱中症は、気温が高い、湿度が高いなどの環境にいれば、誰もが発症する危険があります。体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温調整機能がうまく働かなくなったりして、体内に熱がたまることがあるからです。特に、体調がすぐれないときや、体が暑さにまだ慣れていないとき、暑さに対する体の調整機能が弱い子どもや高齢者などは注意が必要です。

症状としては、軽度であれば筋肉痛や大量の発汗がみられます。より症状が重くなると吐き気や倦怠感などの症状が現れ、さらに重症になると意識障害などが起こります。発症してからの対処が遅れると、命を落とす危険性もあります。

熱中症を予防するには?

熱中症は、屋外だけでなく、就寝中など室内にいるときに発症することもあります。暑い季節には、節電のためにエアコンをつけずに過ごす人もいますが、無理は禁物です。気温や湿度が高い日には、適度に扇風機やエアコンを使いましょう。外に出るときには帽子をかぶり、こまめに水分をとることを忘れずに。

また、暑さに対する抵抗力は人によって異なります。自分の体調の変化を意識して、予防に努めましょう。子どもや高齢者のいるご家庭では特に、熱中症の予防を呼びかけたり、注意深く見守ったりするようにしましょう。

もしも、熱中症になってしまったら?

熱中症になってしまったら、早めの対処が重要です。手足がしびれる、めまい、立ちくらみなどの軽い症状が出たら速やかに涼しい場所に移動し、十分な水分補給を。塩分やミネラルを含むスポーツドリンクなどがおすすめです。

頭痛や吐き気、体がだるいなどの症状があれば、衣服をゆるめ、濡らしたタオルや風を体に当てて、体を冷やします。脇の下、両側の首筋、足の付け根など、太い血管のあるところを冷やすとより効果的です。

意識がない、けいれんを起こしている、呼びかけに答えられないなどの症状があれば、非常に症状が重い状態です。速やかに救急車を呼びましょう。

各省庁では、熱中症対策に関するより詳しい情報を提供しています。熱中症の予防方法や応急処置方法、日本全国の暑さの指数予報なども掲載されているので、参考にしてみてはいかがでしょうか。


※本コラムに掲載した情報は、Webサイト「厚生労働省」の「熱中症関連情報」ページを参照しています。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/

富士火災のコラム TOPへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
【14D447S】

ページTOP