ホーム >個人のお客さま >「自動車保険」の用語を解説!
富士火災のコラム TOPへ  

<自動車保険の用語を解説!> 保険を知ろう! シリーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年6月13日 更新

「自動車保険」の用語を解説!

車を買ったら、必ず検討するのが自動車保険です。でも、自動車保険のパンフレットを見ると、専門用語がたくさん出てきますよね。日常生活ではなじみのない言葉が多いので、よくわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、自動車保険に加入する上で最低限知っておきたい用語を解説します。

※用語の解説は一般的な内容を記載しております。ご契約に際しましては、弊社取扱代理店・営業社員までお問い合わせください。

「保険料」や「保険金」、「保険金額」、「免責金額」って何?

「保険料」と「保険金」は、同じようなイメージがありますが、意味が違います。まず「保険料」は、保険に加入するために、保険の契約者が保険会社に対して支払うお金のことです。これに対して「保険金」は、事故が起こったときに、被保険者や契約の車の搭乗者、所有者などに対して保険会社が支払うお金です。

自動車保険には、事故で損害が発生したときに受け取れる「保険金」の限度が設定されます。これが「保険金額」です。「保険金額」は、自動車保険を契約するときに、保険の契約者と保険会社との間であらかじめ設定しておく金額です。

これに対して、「保険金」は、事故が起きたときに、保険会社がその損害の大きさを査定して初めて、金額が決定します。なお、契約によっては「免責金額」をあらかじめ設定するものもあります。「免責金額」とは、「損害額」のうち自己負担する金額のことです。

「自賠責保険」と「任意保険」の違いって何?

自動車保険には、すべての自動車が必ず加入するよう義務付けられている「強制保険」と、加入が義務付けられていない「任意保険」があります。「強制保険」にあたるものが「自賠責保険」です。

「自賠責保険」は、自動車事故で他人を死亡させる、けがをさせるなどの「人身事故」を起こしたときに、相手への損害賠償に対して保険金が支払われます。しかし、運転者自身がけがをした、自動車に損害が生じた、自損事故を起こした、などの場合には、自賠責保険では補償を受けられません。このようなアクシデントで発生する損害を補償するのが、「任意保険」です。

「任意保険」ってどんな種類があるの?

任意の自動車保険では、自賠責保険の補償額を超えて支払うべき保険金や、自賠責保険の補償の対象外の損害に対する保険金が支払われます。おもに以下のようなものがあります。

・対人賠償保険

被保険自転車の事故で他人を死亡させた、けがをさせたために、法律上の損害賠償責任が生じたときに自賠責保険等で支払われる金額を超える部分に対して保険金が支払われる。

・対物賠償保険

被保険自動車の事故で他人の自動車や建物などに損害を与え、法律上の損害賠償責任が生じたときに保険金が支払われる。

・人身傷害補償保険

自動車事故で被保険者が死亡した、けがをしたときに、自分の過失割合に関わらず損害全額の保険金が支払われる。

・自損事故保険

運転者自身の自損事故で、運転者などが死亡した、けがをしたときに保険金が支払われる。

・搭乗者傷害保険

自動車事故で被保険自動車に乗車中の方が死亡した、けがをしたときに保険金が支払われる。

・無保険車傷害保険

無保険自動車との事故(事故の相手方が不明または十分な保険を契約していない場合)によって、被保険者が死亡または後遺障害になったときに保険金が支払われる。

・車両保険

衝突や接触などの事故で自動車が損害を受けたときに保険金が支払われる。

自動車保険の「等級」って何?

「等級」とは、契約者の事故歴に応じて1等級〜20等級の20段階に区分され、自動車保険の保険料を決定するものです。初めて自動車保険に契約する時の等級は、一般的に6等級または7等級といわれています。そこから1年の間に事故がなく保険も使わなければ等級は1段階上がります。この仕組みを「ノンフリート等級制度」と言います。

自動車保険には、「フリート契約」と「ノンフリート契約」があります。「フリート契約」は、自ら所有・使用する自動車の契約台数が10台以上ある場合の契約のことで、9台以下の自動車を契約している場合には「ノンフリート契約」となります。

「ノンフリート等級制度」は、「ノンフリート契約」にのみ適用されます。

ロードサービスって何?

ロードサービスとは、自動車が事故やトラブルに遭ったときに、自動車や運転者をサポートするサービスです。

ロードサービスは、自動車保険に関係なく会員制で利用できる「JAF」や、ロードサービスを行う会社と提携している損害保険会社、クレジットカード会社など、さまざまな事業者がサービスを提供しており、バッテリー上がりやキーの閉じこみ、タイヤのパンクなど、起こりやすい自動車のトラブルに対応します。

事故後のレッカーでの自動車のけん引や、帰宅費用、事故によって必要になった宿泊費用など、事故に起因した対応については、各社でサービスの範囲が異なります。また、ロードサービスを行う会社と提携している損害保険会社が提供するロードサービスについては、損害保険会社によってサービス内容が異なる場合があるので、加入前に必ず確認しておきましょう。

保険にはいろいろな用語がありますが、自動車保険を検討するときには、まずは上記を知っておくと、内容を理解しやすいでしょう。

富士火災のコラム TOPへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
【14D347S】

ページTOP