ホーム >個人のお客さま >レジャーの保険 >GW計画中!知っておきたい海外旅行トラブル事情
富士火災のコラム TOPへ  

GW計画中!知っておきたい海外旅行トラブル事情

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年4月11日 更新

GW計画中!知っておきたい海外旅行トラブル事情

ゴールデンウィークは、1年でもっとも長い休暇を取れるチャンスなので、海外旅行を予定している人も多いでしょう。海外旅行というと楽しいアクティビティばかりをイメージしがちですが、思わぬアクシデントが起こりやすいことも忘れてはいけません。楽しい海外旅行もトラブルがあっては台無しになってしまいます。そこで、海外ではどんなトラブルが起こりやすいのかを知っておきましょう。

海外旅行人気エリアでのトラブルとは?

日本旅行業協会のまとめによると、海外旅行先として人気が高いのは、1位中国、2位韓国、3位香港、4位アメリカ本土、5位ハワイだそうです。(一般社団法人 日本旅行業協会 2013年度(2013年7月)海外旅行者の旅行先トップ50)トップの中国には、年間370万人を超える人が渡航しています。日本から近い国や、英語圏は人気が高いようですね。

そんな海外旅行で最も発生しやすいトラブルは、盗難、パスポートや現金などの紛失、食事や水による病気、犯罪などです。人気の渡航先では、具体的にどんなトラブルに見舞われやすいのでしょうか。大使館や総領事館(外務省 海外安全ホームページ)に報告された事例をご紹介しましょう。

(1)中国

広大な国土と歴史を誇る中国には、有数の観光地があります。大都市北京や上海は、バスや地下鉄が整備されており、値段も安くて手軽です。またタクシーも観光客慣れしており、英語が通じるドライバーもいます。街の中心部では取り締まりが強化されているため、悪質なタクシーは少ないようですが、郊外などでは以下のようなトラブルが報告されています。

・空港の到着ロビーで「白タク」に乗り、不当に高額な料金を請求された。または目的地とは違う場所に連れて行かれ、暴力を振るわれたうえ、金品を奪われた。

・タクシーが、スーツケースをトランクから出さないうちに走り去ってしまった。

・交通ルールがあまり守られておらず、路上を歩いていたところ交通事故に巻き込まれた。事故が原因で口論となり暴力をふるわれた。

・百貨店、市場、ホテル、レストラン、バスの車内などでスリ、置き引き、ひったくりに遭った。

(2)韓国

ショッピングやグルメスポットが豊富な韓国。首都ソウルや、世界最大といわれる百貨店がある釜山も人気です。いずれも、地下鉄が通っており、日本のようなプリペイド式の交通カードも使えます。タクシーも充実しており、ソウルでは交通カードで料金を支払うこともできるほど、気軽に利用されています。ただし、中には以下のようなトラブルを起こすものもありますので注意しましょう。

・タクシーの運転手や、空港で無資格に行っているガイドに観光案内をしてもらい、法外な料金を請求された。また、無理矢理ショッピングに連れて行かれ、高額な商品を購入させられた。

・「コールバン(貨物営業車)」と呼ばれる違法タクシーに乗ったところ、法外な料金を請求された。

(3)香港

かつてイギリスの領地だった影響で、ヨーロッパと中国の文化が融合する香港。海に浮かぶ島々から成り立つため、ハーバー・ビューなどの景色の美しさが魅力です。移動手段としては鉄道や地下鉄のほか、フェリーも充実しています。また、ナイトマーケットでのショッピングも人気がありますが、トラブルに巻き込まれることもあるようです。

・フェリーターミナル、駅の改札口や切符売り場、階段、エスカレーターなどでのスリ、置き引き

・路上で偽ブランドの腕時計やバッグ等の購入を勧められ、無理やり雑居ビル等に連れ込まれて購入させられた。

(4)アメリカ

アメリカには、ニューヨークやワシントン、ロサンゼルス、サンフランシスコなど世界的に有名な都市が数多くあります。東海岸はヨーロッパの情緒が漂う街並みが多いのに対し、西海岸は温暖な気候の影響もあって、陽気な雰囲気があるのが特徴です。観光での移動手段も都市によって大きく異なります。ニューヨークには地下鉄やバスが充実している分、観光中や路上を歩いているときにスリや置き引きに遭うこともあります。その他の都市ではバスやレンタカーでの移動が中心になるため、車に関連したトラブルが多くなっています。

・空港、バス等の交通機関、ホテルやレストランでの置き引き

・レストランやショッピングモールなどの駐車場での車上狙い

・路上で携帯音楽機器や携帯端末を操作しながら歩いているときに強盗に遭った。

・路上を歩いていると、壊れたメガネやサングラスを足下に投げつけられ、踏んで壊したと言いがかりをつけられたうえ、弁償を強要された。ワインボトルを故意に落として割り、高級ワインだと言って高額な弁償を強要するケースも。

(5)ハワイ

ハワイは、ショッピングで人気のホノルルをはじめ、美しいビーチや大自然を楽しめる島々も人気です。日本人観光客が多く、治安が良いことでも知られています。しかし、日本人であるためにトラブルのターゲットになってしまうこともあります。以下のトラブルは特に多いようです。

・空港、ホテルのロビーやプールサイド、レストラン、ビーチ、ゴルフ場などでの置き引き、ひったくり。

・路上やバーで片言の日本語で話しかけられ、話し込む間に財布などをすり盗られ、入っていたクレジットカードを悪用された。

・レンタカーが車上狙いの被害に遭い、座席に置いておいた貴重品や買ったばかりのブランド品を奪われた。

・レストランやショッピングセンターのトイレで、隔壁や扉のフックにかけていたカバンを盗まれた。

海外旅行でのトラブルを防ぐには?

どこの国でも、観光客を狙った犯罪やトラブルは発生します。旅行に夢中になるあまり、注意を怠らないことが大切です。特に、旅行中は以下を意識して過ごすと良いでしょう。

・空港、ホテル、レストランなどでは?

貴重品や手荷物から目を離さないことが大原則です。パスポートや貴重品を持ち歩く場合は、常に注意を払いましょう。

・タクシーに乗るときは?

なるべく一人で乗らないようにしましょう。また、料金を支払うときは、荷物を持ち逃げされないよう、トランクなどから全て取り出してから支払いましょう。

・路上を歩くときは?

貴重品は肌身離さないようにします。分散して持つ、リュックなどは前に抱えて持つ、なども有効です。

・外出するときは?

夜間はなるべく避け、特に女性の一人歩きは危険ですので控えましょう。

また、万が一トラブルに巻き込まれた場合に備えて、渡航前には以下も用意しておきましょう。

・パスポートのコピー

・戸籍謄本

・クレジットカード会社の海外連絡先

・海外旅行保険の保険証、トラブル対応窓口の連絡先

トラブルの状況や傾向は、国によって異なり、また常に変化します。出発前には外務省や政府観光局などのホームページで、最新の情報を確認しましょう。

海外旅行では気が緩んだり、うっかり注意を怠ってしまったりすることもあります。渡航先の状況をよく調べて、安全に旅行を楽しみましょう。

富士火災のコラム TOPへ
このエントリーをはてなブックマークに追加
【14D285S】

ページTOP