ホーム >個人のお客さま >医療保険 >持病のある方も入りやすい みんなの健保3

持病のある方も入りやすい みんなの健保3 引受基準緩和型契約特約付医療総合保険

持病のある方も入りやすい引受基準緩和型の医療保険 持病や既往症があっても保険に入れます。

特長

持病や既往症があっても保険に入れます。

特長1

持病や既往症があり、
医療保険の加入をあきらめていた方へ

持病や既往症があり、医療保険の加入をあきらめていた方へ

持病や既往症があっても、3つの告知事項がすべて「いいえ」ならお申し込みできます。医師の診査は不要です。

告知についてはこちら >>

持病や既往症があっても、3つの告知事項がすべて「いいえ」なら
お申し込みできます。医師の診査は不要です。

基本補償 + オプション(任意補償)

この保険は「引受基準緩和型」です。健康状態・傷病歴についての告知事項を簡素化することで、引受基準を緩和し、持病や既往症のある方でもご加入がしやすくなっています。契約年齢は30歳から80歳までとなります。ご加入の時点ですでに発病している既往症の場合でも、所定の条件を満たせばお支払いの対象になります。なお、保険金をご請求いただく際、上記3つの告知事項に該当していないか等について医療機関等へ確認させていただく場合があります。

ご注意ください

この保険は最初のご契約に当初1年間の支払削減期間が設けられ、この期間中の入院等については保険金が50%に削減されます。
また、引受基準緩和型ではない場合と比較して、保険料が割増されています。

富士火災の医療保険には、健康状態・傷病歴についてさらに詳細な告知をいただく、保険料の割増のないタイプ(医療総合保険「みんなの健保2」)もあります。 健康状態や病気の内容によっては、保険料の割増がない医療総合保険(みんなの健保2)にご加入いただける場合もありますので、あわせてご検討ください。

特長2

必要な補償を必要なだけ選んで
積み重ねできるオーダーメイドの医療保険です!

基本補償 3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をセット

基本補償 + オプション(任意補償)

特長3

ご契約前からの持病や既往症の悪化・再発による
入院・手術も補償します!
保険期間の初日以降に悪化・再発した場合に補償します。

特長4

保険金ご請求時に必要な診断書代を
実費で補償します!
診断書の取得費用を「1万円+消費税相当額」を限度にお支払いします。

サービス

セカンドオピニオンサービスなどの
トータルメディカルサービスをご提供します!

※各サービスは提携会社より提供します。

このページの先頭へ

詳しい商品内容につきましては、電子パンフレットをご覧ください。

  • 電子パンフレット持病のある方も入りやすい みんなの健保3
  • パンフレットのご請求はこちらから
    資料請求
  • Web約款はこちらから
    Web約款

※電子パンフレットをご覧の際にポップアップブロックが表示された場合
「ポップアップを一時的に許可」を選択し、再度「電子パンフレット」をクリックしてください。

※電子パンフレットをご覧いただくにはMacromedia Flash Player7が必要となります。

このページの先頭へ

補償内容

基本補償
3つの基本補償のうちいずれか1つ以上をお選びください。

入院にかかる保険診療の費用をカバーしたい方は・・・

入院治療費用保険金

公的医療保険制度を利用して入院をされた場合に自己負担された治療費をお支払いします。

ご存知ですか?入院時の自己負担額 >>

医療技術の高度化による医療費の高額化や差額ベッド代などで、
入院1日あたりの自己負担額は平均21,000円となっています。

※治療費・食事代・差額ベッド代に加え、交通費(見舞いに来る家族の交通費も含む)や衣料、日用品などを含む。高額療養費制度を利用した場合は利用後の金額

入院時の1日あたり自己負担費用

出典:生命保険文化センター「平成25年度 生活保障に関する調査≪速報版≫」

※集計ベース:過去5年間に入院し、自己負担費用を支払った人

個室で治療に専念したい方は・・・

入院諸費用費用保険金

全額自己負担となる個室使用料などの差額ベッド代を1日3万円まで実費で補償します。
(入院諸費用特約をセットされ、差額ベッド代の支払限度額1日3万円を選択された場合)

ご存知ですか?差額ベッド代 >>

このほかにも
入院中に発生する思いがけない諸費用も補償します。
(入院諸費用特約をセットされた場合、差額ベッド代のほか、
ホームヘルパー、ベビーシッターや介護従事者の雇入費用、保育園や介護施設への預入費用などをお支払いします。)

プライバシーの守られた個室で治療に専念できる差額ベッド代。
しかし、健康保険の適用外となり全額自己負担となります。

例)主な病院1日あたりの差額ベッド代・総ベッド数・差額ベッド数・差額ベッド割合

例)主な病院1日あたりの差額ベッド代・総ベッド数・差額ベッド数・差額ベッド割合

差額ベッド代とは

個室や2人部屋など一定条件を満たす病室を利用した場合に生じる、公的医療保険で支払われる室料との差額のことをいい、全額自己負担となります。また、全国の病院における総病床のうち差額ベッド代が発生する病床は約2割にも達します。

お手頃な保険料で病気やケガに備えたい方は・・・

入院保険金(日額) 手術保険金

入院された場合に入院保険金(日額)、
手術を受けた場合に手術保険金をお支払いします。

オプション
治療の選択肢を広げる先進医療の補償にも備えられます。(任意補償)

 

がん入通院治療費用保険金

全額自己負担となる先進医療費用を
通算1,000万円まで補償します。

ご存知ですか?先進医療にかかる技術料 >>

治療の選択肢を広げる先進医療。
でも、技術料は高額なものがあり、全額自己負担です。

先進医療にかかる技術料の自己負担額例

技術名 病名 費用1件あたりの平均額
重粒子線治療 悪性腫瘍 309万円
NKT細胞を用いた免疫療法 肺がん 98万円
高周波切除器を用いた子宮腺筋症核出術 子宮腺筋症 30万円

出典:厚生労働省「平成27年6月30日時点で実施されていた先進医療の実績報告について」

※上記先進医療にかかる技術料は、医療機関によって金額が異なります。また、具体的な先進医療技術やその適応症については、変更されることがあります。厚生労働省ウェブサイトにて最新の一覧をご確認いただけます。

先進医療とは

健康保険法等の規定に基づく評価療養のうち厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院・診療所において行われる高度な医療技術を用いた療養をいいます。すべての最先端医療をいうものではありません。
先進医療の種類、取扱の病院・診療所および要件は、厚生労働省ウェブサイトをご確認ください。

粒子線治療とは

粒子線を用いた放射線治療のことで、粒子線が、がん細胞に対して集中的に致死的エネルギーを与えることにより、根本的ながん治療を行なうものです。「切らずに治すがん治療」として利用されている粒子線は重粒子線(炭素線)と陽子線の2つがあります。

このページの先頭へ

ご契約プラン例

補償内容 ご契約タイプ(スタンダードプラン)
契約タイプS3 契約タイプS2 契約タイプS1
入院保険金(日額) 入院1日につき
3,000円
手術保険金 入院中の手術 6万円   その他の手術 1.5万円
入院治療費用
保険金(3型)
1回の入院につき
120万円限度
入院諸費用
保険金
1回の入院につき
300万円限度
1回の入院につき
200万円限度
1回の入院につき
100万円限度
差額ベッド代は1日につき3万円限度
先進医療費用
保険金
通算1,000万円限度

さらに保険金請求時の診断書取得費用を1万円+消費税相当額を限度に実費でお支払いします。

入院諸費用保険金の範囲は?

入院により負担した差額ベッド代、入退転院時の交通費、こどもの保育園や親族の介護施設への預入費用、親族付添費などをいいます。

1回の入院とは?

原則として、入院開始から退院までをいいますが、次の場合は、2回以上の入院であっても1回の入院とみなします。
・ 同一事故を原因とする傷害による入院
・ 同一の疾病(注)の治療を目的とする入院
ただし、退院日から181日目以降に開始した入院は、新たな入院とします。

(注)病名が異なる疾病であっても、医学上重要な関係がある一連の疾病は「同一の疾病」とします。

保険料については、「持病のある方も入りやすい みんなの健保3 パンフレット」をご確認ください

このページの先頭へ

付帯サービス

トータルメディカルサービス

  • ベストホスピタルネットワークサービス

  • 日本を代表する医師によるセカンドオピニオンサービス

    被保険者ご本人のみが対象となります。
    日本を代表する医師(総合相談医)との面談を通じ、より良い医療を選択するために、現在の診断に対する見解や今後の治療方針・方法などについて二つ目の意見(セカンドオピニオン) を聞くことができます。
    [総合相談医の判断により、より高度な専門性が必要と判断された場合には、優秀専門臨床医の紹介をいたします。(紹介状を作成します。)]
    日本を代表する医師によるセカンドオピニオンサービスには、面談によるものと電話によるものがあります。
    電話によるセカンドオピニオンの場合は優秀専門臨床医の紹介は行いません。

    受診手配・紹介サービス

    被保険者ご本人のみが対象となります。
    主治医のもとでは対応できない治療法や手術方法が必要など、主治医が判断したケースで、手配・紹介先の医療機関にその専門分野の医師が在籍し治療可能な場合に、受診の手配や紹介をします。
    (受入確認の結果によっては、セカンドオピニオンサービスや医療機関情報のご提供となる場合があります。)
    【受診手配・紹介サービスの主な利用条件】
    ・かかりつけの病院では対応できない治療法や手術が必要と主治医が判断している
    ・ご利用者が当サービスの内容を理解し、希望している
    ・手配先の医療機関に専門医が在籍し、患者の受入、治療が可能な場合
    ・ご利用者が手配先の医療機関での受診を了承している
    ・主治医も納得し、紹介状(診療情報提供書)などを準備できる
  • ベストホスピタルネットワークサービスご利用に際してご注意いただきたいこと
  • ■病名が判明している場合、または医師から治療方針が提示されている場合のみご利用いただけます。
  • ■同一病名でのご利用は年1回までとなります。(受診手配・紹介サービスを除く)
  • ■受診手配・紹介サービスは、ティーペック(株)が適当と判断した場合に限り、指定する医療機関への受診手配・紹介をするものです。また、原則、三大疾病(悪性新生物(ガン)・脳血管疾患・心疾患)を対象とし、同一病名では1回のご利用となります。
  • ■救急(急を要する場合など)に関するご要望には対応できません。また、入院・転院を目的としたご利用もお受けできません。
  • ■日常的に見られる病症状・心療内科・精神科・美容外科・歯科および口腔外科等は対象外となります。また、医療過誤、裁判係争中、交通事故に起因する傷病に関するご相談はお受けできません。
  • ■地域、総合相談医、優秀専門医の指定はできません。なお、総合相談医との面談場所は、ティーペック(株)が指定した場所となります。
  • ■診察関連資料(診療情報提供書(紹介状)、各種検査データ、カルテの写し等)が必要となります。また、これらの準備費用、面談場所への交通費および紹介された優秀専門臨床医による診察等にかかる費用は自己負担となります。
  • ■受付からサービスをご利用いただくまでの間に病状が悪化した場合の責任は負いかねます。
  • ■紹介状の発行は診察の優先づけ(診察順序の繰上げなどの特別対応)や治療に対しての便宜をはかるものではありません。
  • ■ご利用者が入院中の場合には、代理としてそのご家族にサービスをご提供できますが、優秀専門臨床医の紹介は行いません。
  • ■サービスご利用に際しては、地域や内容、その他諸条件によりご要望に添えない場合がありますのでサービスを受ける際にご確認ください。
  • 電話による健康相談サービス

    被保険者ご本人同居のご家族が対象となります。
    医師・保健師・看護師などの経験豊かなスタッフが24時間・年中無休体制でご相談に応じます。
  • PET健診トータルサービス

    被保険者ご本人同居のご家族が対象となります。
    全国の提携PETセンターのご紹介から予約代行までトータルサポート。
    検査料金は通常料金より割安な価格でご提供します。

    ※ PET検査が公的医療保険制度の対象となる場合は割引の適用はありません。

  • 人間ドックトータルサービス

    被保険者ご本人同居のご家族が対象となります。
    全国約800ヶ所の人間ドック施設のご紹介から予約代行まで、トータルにサポートします。
    通常料金より割安な価格でご提供します。

    ※ 一部割引のない医療施設もあります。

  • 富士火災フローラクラブ

    女性による女性のためのサポートシステム 富士火災フローラクラブ

    女性による女性のためのサポートシステムです。
    医療保険の保険金ご請求のご対応から、おからだの悩みの相談まで、すべて女性が担当します。

  • ※ご利用の際は、ご契約後に別途ご案内する「サービス案内チラシ」等に記載の電話番号にご連絡ください。
  • ※ベストホスピタルネットワークサービス、電話による健康相談サービス、PET健診トータルサービスは業務提携先であるティーペック(株)が、人間ドックトータルサービスは、業務提携先である(株)ウェルネス医療情報センターが提供します。
  • ※上記のサービスは、弊社が提供する保険商品の一部を構成するものではありません。また、サービス内容・品質について弊社が保証するものではありません。サービスのご利用はお客さまのご判断のもとに行ってください。万一、サービス提供を受けた結果、損害が発生しても弊社は責任を負いかねます。
  • ※ご利用者の状況やご相談内容により、サービスを停止・制限させていただく場合があります。
  • ※上記のサービスは、予告なく変更または中止する場合がありますのであらかじめご了承ください。
  • ※トータルメディカルサービスは医療総合保険「みんなの健保2」、引受基準緩和型契約特約付医療総合保険「持病のある方も入りやすい みんなの健保3」、「医療保険 DR」プレミアムプラン、「みんなの健保」、「みんなの健保がんにも負けず」の付帯サービスです。

このページの先頭へ

ご注意事項

  1. ご契約条件について
    ご契約のお申し込みにあたっては健康状態告知書が必要となります。 過去の傷病歴や現在の健康状態、年齢などによりご契約をお引受けできない場合や弊社の提示する条件によりご契約いただく場合がありますのであらかじめご了承願います。
  2. 保険料について
    保険料は保険金額、被保険者の年齢・性別、保険料の払込方法等によって決定されます。なお、実際にご契約いただく保険料につきましては、申込書にてご確認ください。
  • (注)継続契約の保険料は、その継続契約の保険期間の初日における被保険者の年齢に基づき計算されますので、継続前の保険料より高くなる場合があります。

上記は「持病のある方も入りやすい みんなの健保3(引受基準緩和型契約特約付医療総合保険)」に関する概要を記載したものです。(2013年10月1日以降保険始期契約の内容でご案内しています)
その他の補償内容等は、「持病のある方も入りやすい みんなの健保3 パンフレット」をご覧ください。
ご契約に際しては、保険商品についての重要な情報を記載した重要事項説明書(「契約概要のご説明」「注意喚起情報のご説明」)をご用意していますので、必ずお読みください。

高齢者に対応するからだの保険についてのご案内

このページの先頭へ

他にもこんな保険があります

  • みんなの健保2:オーダーメイドの「実費補償型」医療保険です。
  • 未来スケッチ:交通事故をはじめ日常生活やレジャー中のケガを補償する保険です。
  • シニアの救急箱:50歳から99歳の方まで補償するケガの保険です

【16F376S】

よくあるご質問

資料請求

代理店検索

ページTOP